銀行カードローンの審査と返済方式の特徴

銀行カードローンの審査と返済方式の特徴

カードローンは金利が低めといわれていますが、借り入れられる金額が大きいともいわれており、借りすぎれば当然そのリスクがあります。債務整理をしなければいけなくなるほど大変な状態になってしまう場合もあるため、カードローンもキャッシングにも注意が必要ですが、銀行のカードローンは基本的に安全に利用できるといわれています。

 

私もそんな話を信じて近所にある地方銀行のカードローンを利用することにしました。詳しく話を聞いてみると金利や返済金額が分かり、50万円借りても毎月1万円の返済で済むということだったので、満額返済するには5年近くかかるようでしたが、それでも負担が減らせるという意味では頼りになるサービスだと思いました。

 

まとまったお金が必要になる引っ越しの時に特に頼りにして、しばらくはカードローンで家賃も支払いました。仕事が決まってからはしっかり収入も安定して返済も早めに済ませられるようになりました。銀行のサービスだったので返済しやすく、決まった返済日以外に返済しても元金を減らすことができました。

 

キャッシングではできないことのようなので、とても助かりました。銀行からはカードローンだけでなく、似たような仕組みのキャッシングサービスも出ているようで、銀行によってはその名称が混同されている場合もあるようです。単純にカードローンという名前だけで選ぶのではなく、内容をしっかりチェックしてサービス選びを進めていきましょう。

 

銀行のカードローンはコンビニからでも返済ができるので、時間がギリギリになってしまってもしっかり返済ができます。約定返済日であれば真夜中まで対応していることもあり、比較的自由度も高いサービスです。追加でいつでも元金の返済ができるのも一つのメリットで、ちょっとした負担も軽減されます。

 

金利が低いのもうれしいサービスですが、さらに計画的に金利を節約することもできるので、消費者金融のものに比べるとかなり負担は軽いでしょう。基本的にはローンカードから支払っていきますが、キャッシュカードからでも返済ができるので、ばれずに返済することもできるでしょう。様々な工夫ができるサービスとして銀行系のカードローンは非常にお得です。

 

カードローンの審査は一般的には厳しいといわれていますが、そこまで大変な審査もなく、収入が十分あれば借り入れもしやすいです。信用情報や借入希望額などをしっかりチェックしていれば審査に取らないこともほとんどないので、自分自身で利用できそうなサービスを見つけましょう。

 

大手の銀行でも地方銀行でも利用できるサービスがあるため、それぞれのサービスを比較して少しでも金利が低い安全なサービスが利用できるとよいです。時には、審査に時間がかかるものもありますが、審査期間はあまりサービス内容には関係ないので、長くかかってしまっても辛抱強く待ったほうがよいです。借り入れる金額が大きいと審査時間も長くなることが多いです。

 

カードローンを少しでも早く利用するには、しっかり申し込みでミスがないようにすることと、早めに申し込んでおくことが大切です。申し込みが早ければ当然結果が出るのも早いですが、時期によっては申し込みが殺到して審査に時間がかかる場合もあります。

 

銀行のカードローンは、申し込みからすぐに利用できるわけではないので、少しでも安全にお金の都合をつけるには、お金が必要になる前から登録しておく必要があります。ギリギリになってから申し込むのではなく、必要が出てくる少し前からローンカードも所持している状態にしておくと安全です。

 

ローンカードが届くまでには長くて2週間ほどかかってしまうので、海外旅行やお金を利用する機会があるときは1か月くらい前から手続きを始めれば遅れてしまうことはないです。申し込み最初の借入はローンカードがなくてもできる場合が多いですが、追加で借入をする可能性がある海外旅行の場合には特に気を付けておきましょう。

関連サイト

  • 誰にもバレずにお金を借りる

    誰にもバレずに安心してお金を借りる方法、在籍確認の知識、実際に借入した体験談など。

  •  

  • ビジネスローン

    ビジネスローンの特徴や審査内容、必要書類、実際に融資してもらった人の体験談など。

  •  

  • 主婦向けの低金利ローン

    低金利のカードローンを申し込む際にチェックするべきポイントや体験談などをご紹介。